地球ジャイロご愛用の手引き

2017年01月31日

 

地球ジャイロを大切にご愛用いただくために、取り扱い上の注意点をまとめましたのでお読みいただければ幸いです。


□ヒモがうまく巻けない


従来のジャイロゴマは軸に穴が貫通しており、そこにヒモを通して巻き付けましたが、地球ジャイロはそうではありません。軸には円周上に溝が掘られており、その溝の中にヒモの一端を食い込ませるようにしてあてがい、あとは同じ要領でヒモを巻き付けていきます。
最初のうちは持っているヒモを手で引かず(引くと溝から外れてしまいます)、成り行きで巻いていき、徐々に固く巻き付けていってください。巻き終えたら片手で枠をしっかり持ち、もう片方の手でヒモを引っぱります(引っぱるときに枠を持った手を放さないでください。吹っ飛んでいってしまいます)。その際に大事なことは、初めはゆっくりと、徐々に加速させていき、すばやく引ききることです。
そのあたりは取扱説明書の中に「地球ジャイロの回し方」として図示してありますが、それでもイマイチ要領がよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。そこで具体的にどう巻き付けていけばいいか、以下のYouTube動画(音楽が流れます)を参考にしてください。

ヒモの巻き付け方│Winding Method of String


□回してもすぐ倒れてしまう


円盤を高速回転させることによってジャイロ効果を発揮します。おそらくは回転速度が足りていないのではないかと思われます。ヒモを軸にゆるく巻き付けてしまうと、いくらヒモを引っぱっても円盤が高速で回転しませんので、できるだけ軸にヒモを固くしっかり巻き付けてください。



□落としたら壊れないか


従来のジャイロゴマは駆動機構が剥き出しのため、うっかり落としたはずみに衝撃をもろに受けて精度劣化を引き起こしたり、最悪壊れてしまうことにもなりかねませんでした。その点では地球ジャイロは剛性を高めてあるため、比較的衝撃を受けにくい構造になっています。
ただ、外観ボディがキレイに仕上がっているために、不用意に落としてしまうとキズや凹みなどの損傷を受けるおそれがあります。可能性としては、ジャイロ本体をスタンドに乗せたり、ジャイロ本体二つを連結させ乗せているうちに失速してバランスを失い、落としたはずみに円盤がスタンドやネジに当たって損傷を受けることが十分に考えられます。
とりわけスタンドの上にリングを乗せて回転させるのは至難のワザに近く、かなりの高い確率で落下させてしまい、スタンドと接触して円盤に損傷を生じさせますのでくれぐれもご注意ください。
また、プラケース内にジャイロ本体とスタンドを一緒に入れた状態で持ち運ぶと、揺れによって金属同士が接触してキズだらけになってしまいますのでお避けください。
また、付属のヒモを用いて綱渡りさせることも歓迎できかねます。付属のヒモでは留まるだけで滑ってはいきません。せめてピアノ線などを設営し、少し傾斜させたその線上で綱渡りさせてください。
基本的にどんな遊びであっても、落としたときに衝撃を緩和できるような振動・衝撃吸収性に優れた制振ゴムのスポンジマットを下に敷くなどして策を講じておくことが肝要です。


手入れはどうすべきか

実際にジャイロ本体を手にされると分かりますが、手の指紋(皮脂)が付くほど鏡のように光沢のある金属です。手入れに関しては汚れを拭きとるぐらいにとどめ、過度に磨き上げたりすることはお控えください。
汚れを拭き取るには、カメラやメガネのレンズを拭くクリーニングペーパーや超極細繊維のハイテク・クリーニングクロスが最良ですが、すでに付着している細かいゴミやホコリをブロアーで吹き飛ばしてから拭かないと、かえってキズを付けてしまうおそれがありますのでご注意ください。
また、油(潤滑油)に関してはとくに注入する必要はありません。高温多湿や直射日光の当たる場所を避けて保管してください。


エンジョイ!ジャイロ

地球ジャイロをインテリア・オブジェとして飾っておきたいという方もきっといらっしゃるでしょう。ですが思う存分遊ぶとなると、知らないうちにキズが付いてしまうことはある程度避けられません。
キズ一つない状態を保つにはコレクションとして展示ないしは保管しておいた方が無難でしょうし、遊ぶことにウェートを置くなら心ゆくまで満身創痍で使い倒すのも愛着が増して味わい深いものです。
ただ、修理や部品交換は組立上取り外しが困難なためお受けできませんので、細心の注意を払いながら大事にお取り扱いください。
この地球ジャイロが、多少なりとも皆様の琴線に触れ、末長くご愛用いただけることを願っております。

なお、製品についてお気づきの点やこうした方がいいといった改善点などご意見・ご要望がありましたら何なりとお申し出ください。お寄せいただいた皆様の声を町工場へも伝え、より良い製品づくりに役立てていきたいと考えております。今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


 


 
 
HOMEへ戻る
PAGE TOP ページトップへ