TIMELINE
ジャイロスコープ史

 
1743年│イギリス
英国の船長ジョン・サーソンがジャイロスコープの先駆となる「回転鏡」(Whirling Speculum)を発明。
 
 
1817年│ドイツ
テュービンゲン大学で物理学・数学・天文学を教えていたヨハン・ ゴットリープ・フリードリヒ・フォン・ボーネンベルガー教授が回転球を用いたジャイロスコープの原型となる「マシーン」(Machine)を開発。
 
 
1820年│フランス
数学者のピエール=シモン・ラプラスが「マシーン」を補助教材として導入することを推奨。
 
 
1832年│アメリカ
ペンシルベニア大学のウォルター・R・ジョンソン教授が回転球の代わりに回転ディスクを用いた「ロタスコープ」(Rotascope)を開発。
 
 
1836年│スコットランド
エンジニアで数学者のエドワード・サングが「マシーン」のような装置を実験に用いることで地球の自転が検出できると提案。
 
 
1851年│フランス
レオン・フーコーが自宅の地下室で行った振り子の実験で地球の自転を証明。ついでパリ天文台とパンテオンで公開実験を行う。
また同年、フーコーはロタスコープを模した装置で地球の自転を証明するための実験を行うも、回転が長続きせず不備のうちに終わる。その時に用いた装置を自ら「ジャイロスコープ」(Gyroscope)と命名、以来その名称が一般に広まる。ジャイロスコープの語源は、古代ギリシャ語 "gûros"(英語:circle)の「回転」と、"skopós"(英語:watcher)の「見るもの」「観察装置」に由来する。
 
 
1855年│フランス
パリで開催された第一回万国博覧会で、フーコーが電磁石駆動の振り子実験を行う。
 
 
1860年
電気モーターの出現によってジャイロスコープの永続的な回転が可能となる。
 
 
1800年代後半│アメリカ
C・ロップ&サンズ社がジャイロの原理を応用した「ミスティック・グローブ」(Mystic Globe)を発表。
 
 
1890年│アメリカ
ジョージ・M・ホプキンスが電気モーター駆動の方位測定装置「ジャイロコンパス」(Gyro Compass)を発明。
 
 
1895年│オーストリア
エンジニアで海軍士官のルートヴィヒ・オブリーがジャイロスコープを用いた魚雷の針路制御装置を発明し、特許を取得。魚雷を発明したイギリスの技術者ロバート・ホワイトヘッドがその特許権を買い取り、改良を加えて実用化。
  
 
1903年│イギリス
エンジニアで発明家のルイス・フィリップ・ブレナンがジャイロスコープを搭載した「ジャイロモノレール」(Gyro Monorail)を発明し、特許を取得。
 
 
1904年│アメリカ
ガードナーズ・ジャイロスコープ社がジャイロの原理を応用した「ガードナー・ジャイロスコープ」(Gardner Gyroscope)を発表。同年開催のセントルイス万国博覧会および翌年開催のポートランド博覧会(ルイス・クラーク100周年記念万国博覧会)で記念品として発売。
 
 
1906年│ドイツ
科学者で発明家のヘルマン・アンシュッツ・ケンプフェが実用的な「ジャイロコンパス」を発明し、特許を取得。1908年に戦艦ドイツランド号に搭載して試験航海を行い、1911年に世界初の「ジャイロコンパス(アンシュッツ式)」が完成。
 
 
1909年│イギリス
ブレナンとドイツのアウグスト・シェールがそれぞれ「ジャイロモノレール」をデモンストレーション運転。同年、シェールの車両がベルリン動物園で一般公開される。
 
 
1910年│アメリカ
エルマー・A・スペリーがアメリカにスペリー・ジャイロスコープ社を設立。船舶用の「ジャイロコンパス(スペリー式)」と横揺れ軽減装置「ジャイロスタビライザー」(Gyro Stabilizer)を開発。
 
 
1910年│イギリス
ブレナンの「ジャイロモノレール」がロンドン・ホワイトシティで開かれた日英博覧会で“呼び物”として一般公開され、乗客約30人を乗せ一本のレール上を時速20マイル(約32キロ)で実走行。
また同年、プログレス・トイ社がジャイロモノレールのようにレール上を滑走する「ジャイロサイクル・トップ」(Gyro-Cycle Top)を発表。
 
 
1911年│アメリカ
スペリー・ジャイロスコープ社製の「ジャイロコンパス」が商船としては世界で初めてプリンセス・アン号に搭載され、試験航海を実施。ついで戦艦デラウェア号へも搭載され、実用化に成功。
 
 
1911年│イギリス
ピョートル・ペトロヴィチ・シロフスキーが「ジャイロカー」(Gyro Car)を開発し、1914年に公開試乗。
 
 
1912年│アメリカ
スペリー・ジャイロスコープ社が航空機の自動操縦装置「オートパイロット」(Autopilot)を開発。1914年にフランスでデモンストレーション飛行を行い、成功を収める。
 
 
1913年│イギリス
エルマー・A・スペリーがイギリスにスペリー・ジャイロスコープ社を設立。海軍の潜水艦に「ジャイロコンパス」を搭載。
 
 
1917年│アメリカ
チャンドラー製作所がジャイロの原理を応用したサイエンストイ「チャンドラー・ジャイロスコープ」(Chandler Gyroscope)を発表。
 
 
1918年│アメリカ
科学者で発明家のチャールズ・フランクリン・ケタリングが今日のドローンの先駆となるジャイロスコープ搭載の無人小型複葉機「ケタリング・バグ」(kettering Bug)を開発。陸軍が空中魚雷として配備するため試験飛行を実施。
 
 
1921年│日本
タイガー商会がジャイロの原理を応用したサイエンストイ「地球獨樂(地球ゴマ)」を発表。 
 
 
1922年│日本
海軍の航空母艦「鳳翔」に正規空母としては世界で初めて「ジャイロスタビライザー」を搭載。第二次世界大戦で実戦に投入。
 
 
1933年│アメリカ
冒険飛行家ワイリー・ポストがスペリー社製のオートパイロットを搭載したロッキード・ヴェガ「ウィニー・メイ号」で初の単独世界一周飛行に成功。
 
 
1936年│イギリス
ラインズ・ブラザーズ社が「トライアング・トイズ」のブランドで、ジャイロの原理を応用したサイエンストイ「ジャイロ・サイクル」(Gyro Cycle)を発表。
 
 
1942年│ドイツ
科学者のヴェルナー・フォン・ブラウンが世界で初めてジャイロスコープを搭載した弾道ミサイル「V2ロケット」を開発。ナチスが第二次世界大戦で軍事兵器として実戦に投入。
 
 
1961年│アメリカ
フォード社がデトロイト・モーターショーで二輪ジャイロカーのコンセプトモデル「ジャイロン」(Gyron)を発表。
 
 
1962年│アメリカ
アーネスト・F・スウィニー、ハニー・フェレイラ、ルイス・E・スウィニーが「ジャイロ・ダイナミック・モノレール」(Gyro-Dynamics Monorail)を開発。
 
 
1967年│アメリカ
カーデザイナーのアレックス・トレミュリスがジャイロカーの試作モデル「ジャイロ-X」(Gyro-X)を開発。
 
 
1971年│日本
東都電機工業がジャイロスコープを搭載した「TBM操向装置」を開発し、世界で初めて青函トンネルの掘削現場に導入。
 
 
1973年│アメリカ
スカイラブ宇宙ステーションに姿勢制御装置「コントロール・モーメント・ジャイロ」(Control Moment Gyros: CMG)を搭載。
また同年、アーチー・L・ミシュラーがジャイロの原理を応用した筋力トレーニング器具「ダイナビー」(DynaBee)を開発し、特許を取得。
  
 
1981年│日本
ホンダが世界で初めてジャイロスコープを搭載したカーナビ「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」(Honda Electro Gyro-Cator)を開発。
 
 
1982年│アメリカ
テドコー社がチャンドラー製作所を吸収合併し、「テドコー・ジャイロスコープ」(Tedco Gyroscope)と銘打って事業を継承。
 
 
1987年│旧ソビエト連邦
ミール宇宙ステーションに6基の姿勢制御装置「ジャイロダイン」(Gyrodyne)を搭載。
 
 
1988年│イタリア
ペンドリーノとして知られる高速振り子列車「ETR450」にカーブ安定走行用のジャイロスコープを搭載し、ローマ〜ミラノ間で営業運転。
 
 
1988年│日本
松下電器(現パナソニック)が民生用としては世界初の手ブレ補正ジャイロ搭載VHSビデオカメラ「PV-460」を発表。
 
 
1989年│日本
キーエンスが世界で初めてジャイロスコープを搭載したマルチコプター(ホビー用ドローン)「ジャイロソーサーE-170」を発表。
 
 
1990年│アメリカ
NASAが打ち上げた地球周回軌道上で観測するハッブル宇宙望遠鏡に6基の「コントロール・モーメント・ジャイロ」を搭載。
 
 
1991年│日本
文部省宇宙科学研究所(現JAXA)が打ち上げた太陽観測衛星「ようこう」に小型の「コントロール・モーメント・ジャイロ」を搭載。
 
 
1994年│日本
三菱重工業が船舶の横揺れ減揺装置「アンチ・ローリング・ジャイロ」(Anti Rolling Gyro: ARG)を発表。
 
 
1994年│日本
ニコンが世界で初めて手ブレ補正ジャイロを搭載したコンパクトカメラ「ニコン・ズーム700VRQD」を発表。
 
 
1995年│ドイツ
メルセデス・ベンツ社がジャイロの原理を応用した横滑り防止装置「エレクトロニック・スタビリティ・コントロール」(Electronic Stabillity Control: ESC)を世界で初めて自動車に搭載。
 
 
1996年│日本
大成建設がジャイロスタビライザーを用いて高層ビルやタワーなどの構造物の振動を制御する制振装置「STREAM」を開発。
 
 
1999年│日本
ソニーがジャイロスコープを搭載した世界初の家庭用ペットロボット「AIBO」を発表。
 
 
2000年│アメリカ
国際宇宙ステーションに4基の「コントロール・モーメント・ジャイロ」を搭載。
 
 
2000年│日本
ホンダがジャイロスコープを搭載した自立歩行ヒューマノイドロボット「ASIMO」を発表。
 
 
2001年│アメリカ
セグウェイ社がジャイロスコープを搭載した電動二輪車「セグウェイ」(Segway)を発表。
 
 
2003年│イギリス
ジャイロスコープ・コムがジャイロの原理を応用したサイエンスホビー「スーパー・プレシジョン・ジャイロスコープ」(Super Precision Gyroscope)を発表。
 
 
2004年│日本
任天堂がジャイロスコープを搭載したゲームボーイアドバンス用のゲームソフト「まわるメイド イン ワリオ」を発表。ついでビデオゲーム機「Wiiモーションプラス」や携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」へも搭載。
 
 
2005年│日本
村田製作所がジャイロスコープを搭載した自立走行自転車ロボット「ムラタセイサク君」を発表。
 
 
2008年│日本
神吉 博・神戸大学名誉教授がジャイロ式波力発電システムを開発。ジャイロダイナミクス社を設立し、日立造船と共同で実用化へ向けて市場参入。
 
 
2009年│スロべニア
発明家のアレクサンダー・ポルトニクがジャイロスコープを搭載した電動一輪車「エニサイクル」(eniCycle)を開発。
 
 
2010年│アメリカ
アップル社が世界で初めてジャイロスコープを搭載したスマートフォン「iPhone 4」を発表。
 
 
2011年│アメリカ
リット・モーターズ社がジャイロスコープを搭載した自立電動二輪バイク「C-1」を試作開発。
 
 
2012年│アメリカ
ライノ・モーターズ社がジャイロスコープを搭載した電動一輪バイク「ライノ」(Ryno)を開発。
また同年、ブラック・アンド・デッカー社が世界で初めてジャイロスコープを搭載した電動ドライバー「ジャイロ・スクリュードライバー」(Gyro Screwdriver)を発表。

 
 
2013年│イギリス
マヌカ・メーカーズ社がジャイロの原理を応用したサイエンストイ「マヌカ・ジャイロスコープ」(Manuka Gyroscope)を発表。
 
 
2013年│スイス
チューリッヒ工科大学ダイナミックシステムズ&コントロール研究所がジャイロスコープを搭載した自立移動立方体ロボット「Cubli」を開発。
 
 
2013年│日本
大林組がジャイロの原理を応用した吊荷方向制御装置「スカイジャスター」(Sky Juster)を開発し、東京スカイツリーの建設でタワークレーンに搭載。
 
 
2014年│アメリカ
ジャイロバイク社が前輪にジャイロスコープを搭載した自転車「ジャイロバイク」(Jyrobike)を開発。
 
 
2015年│日本
シムスインターナショナル社がジャイロ変位コントローラーを搭載した電動一輪バイク「ワンホイール i-1」(ONEWHEEL i-1)を開発。
 
 
2016年│日本
タイガージャイロスコープ社がジャイロの原理を応用したサイエンスホビー「地球ジャイロ」(Chikyu Gyro)を発表。
 
 
【参照文献】
Gyroscope - History (Wikipedia)
History of gyroscopes (gyroscopes org)

Gyroscope Timeline (Timetoast timelines)


HOMEへ戻る
PAGE TOP ページトップへ